催眠療法メルマガ第42号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第42号 2013年11月30日号

さて、せっかく顕れた良い状態は、ただそれだけではまだ、
定着、安定していませんので、そのまま放っておけば、遅かれ早かれ、
またそれまでの状態にひっくり返って戻されてしまいます。

です、それ以外にも、戻されるケースはあるものです。
以前にもちょっと触れました、ある意味、自分でわざわざ戻すケースです。

良い状態というのは、これまで顕在化できなかったわけですそれを顕在化できるように
新たな通路できた、ということできます。

ただし、これは、これまでのまずい状態への通路を塞いだということではありません
新たな通路を作ったということで、どっちでも行けるようになったということです。

どっちでも行けるようになったとき、どっちに行くかの選択肢は当然、ご本人にあります。
そうした時に、どっちでも選べる時に、わざわざこれまでのまずい状態を選ぶ人も
中にはいらっしゃるようです。

催眠療法に、別に強い意志なんかは必要ありません自分進む道くらいは
意識的に選択できるようでなければなりません。

舵取りくらい自分で行わないようでは、ただただ、これまでの波にのみこまれるだけです。

でも、これまで塞っていたところもう、通じているのです。
あとは、その道をちゃんと選択するかどうかだけなのです。

さて、では、トラウマを解消しなければならない場合というのは
随分とやっかいな問題のように思われてるかもしれませんね。

でも、以前に実はこの具体的な例はしています。
もうお忘れでしょうか??



___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ