催眠療法メルマガ第43号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第43号 2013年12月10日号

さて、トラウマを解消しなければならない場合とは??

これはもう以前にお話ししています。

ただ、一般には何か随分と誤解されている節あります。
その中でとても多いものは、催眠状態でわざわざ昔の思い出したくもない過去の
嫌な出来事を思い出させて、それを再体験させるというものです。

さらにその中には、細かいことを忘れ去った記憶ではなくて、既にずーっと今まで
覚えている記憶をわざわざ蒸し返させる、というものまであるくらいです。

こうしたことまことしやかに行われている現状あるの実態です。

これはもちろん、トラウマの解消にも何にもなりません。

そもそもトラウマはそうした意識にある嫌な出来事には通常ありません。

嫌な出来事はそれはトラウマでも何でもなく、嫌な出来事なのです。
それを蒸し返していてはその嫌な思いに捕われて、現在の生活に影響を及ぼします。
現在の生活にその嫌な出来事にエネルギーを与えてしまって、
それを現在にも持ってきてしまうことになります。

それでは、現在の生活を嫌な出来事のルートに乗せてしまうことになります。
催眠療法でそんなことをやっていれば、何をやっているかわかりません。

一般に嫌な出来事はこの世の中に生きている人には必ずと言って良いほどあるものです。
でも、それにそう囚われず生きているの健全な人間です。
それに捕われて人生を悪くしてしまっているの改めた方良い人です。

催眠療法でその改めるべき人にわざわざなる意味はありません。
よくよく注意するようにしてください。

では、トラウマとは・・・?  覚えてますか??



___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ