催眠療法メルマガ第44号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第44号 2013年12月20日号

トラウマは通常、意識にはあってきてません。

覚えている嫌な出来事なんていうようなものは、
それは通常、トラウマでもなんでもありません。

嫌な出来事は嫌な出来事なのです。

それと格闘して、それを追い払うことはもちろんセラピーではありません
それをわざわざ思い出し直して再体験することも同様にセラピーで
何でもありません。

そればかりか、再び嫌な思いを呼び戻して、さらに嫌な思いに
捕われることになって嫌な思いを増大させるだけになってしまいます。

それセラピーになる理屈はありません。

嫌な出来事は嫌な出来事なのです。
忘れた方良い場合だってむしろ多いのです。

また、既に忘れてしまった嫌な出来事を思い出して再体験する、
なんてことも同様に、嫌な思いをわざわざする馬鹿げたことで、
セラピーにとって何のメリットもありません。
そんなことは催眠療法でも何でもありません。

嫌な思いなんて、わざわざする意味は普通はありません。


ところで、嫌な出来事というものは普通、誰にでもあります。
でも、そうしたことはストレスにもなることです
通常誰でも、そうしたストレスにさらされて日常生活を
営んでいます。 それ良いことだと言うつもりはありません
トラウマそうしたところから生じるというわけでは通常ありません。

トラウマは日常的な場面にはありませんという意味ではありませんよ。
この点、曲解されないでください。

もう一度、敢えて言います。
嫌な出来事を蒸し返して良いはずはありません。


実は、トラウマというものは通常、
「間違った思い込み」の場合多いのです。
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ