催眠療法メルマガ第45号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第45号 2013年12月30日号

以前、取り上げたと思います
もし取り上げてなかったら、ごめんなさい。

通常、間違った思い込みある種トラウマを作り出しています。
しかも、何気ない日常の出来事の中で、です。

確か以前取り上げた以下の題材を思い出してください。

社会に上手く適応できないで困っているという女性の、
原因を探って行った時のことです。

覚えてますか?

覚えてなければバックナンバー、遡って見てみてください。

もし、私の勘違いで、どこ探しても見当たらないようでしたら、
ごめんなさい。

まず、ご本人は、自分の母親幼い頃、自分を虐待していたこと
原因だと訴えていました。

本人にはそうした強い記憶あって、
現在でも日々苦しんでいるような感じでした。

しかも、先日、おかあさんはそれを認めて謝った、と。

おかあさん謝罪したにも関わらず、
本人の感情は治まらず、それを訴えて、
わざわざ催眠療法を受けにくるわけです。

さて、催眠療法では何をすべきなのでしょうか。

本人訴える幼い頃のお母さんの虐待を
再体験させることでしょうか?

これまでこのメルマガを熱心に読んできてるあなたなら、
それはセラピーにはならないことを知ってるはずです。

そんなことをすれば、現在ではもう既に行われていない
その過去の虐待にエネルギーを与えてしまって、
現在ないはずの虐待からくる苦しみを現在に顕現させかねない
ことをお分かりだと思います。

では、何を行うの良いのでしょうか?

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/

まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ