催眠療法メルマガ第46号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第46号 2014年1月10日号

2014年、あけましておめでとうございます。

新年のご挨拶もこの辺にして、さっそく中身に移ります。
去年からの続きです。


問題の原因分からない場合、退行催眠でその原因を探ることは可能です。
です、同時にまた、催眠中と言えども、意識は鮮明にあるため、
普段と同じようにウソをつくことも普通にできることです。
とはいえ、催眠療法では時折使う手段です。

それはそれとして、この方の場合、退行催眠で見てみることにしました。
年齢を遡り、その原因の場面の記憶を思い出しました。
それ本当の記憶だったのか、ウソをついたのかの判断は、
貴方にお任せします。

この方は、(自分社会に不適応になったのは)、幼い頃、お母さん自分を
虐待していたからだと訴えていた方ですよ。

出てきた場面は、小学校の低学年で、朝、幼い幼稚園児の妹さんと登校のため、
家の玄関にいる場面でした。 そこにははたしてお母さんもいました。

そこで、幼い妹さんお母さんに訴えているのです。 体具合悪いって。
そして、お母さん妹さんを構ってる、と。

そこで、お母さんは自分のことなど何一つ構ってくれない、と。
体具合悪い妹ばかりを構っている、と。

冷静な貴方ならもうお分かりかと思います。

別にお母さんはその方を虐待していたわけでも何でもなくて、
ただ、幼い体具合悪いと訴える妹さんを構ってたので、
必然的に、大きなおねえちゃんをかまってる余裕なかったことを。

虐待だと思っていたことは実は単なる思い違いにしか過ぎなかったんだと。

問題の原因は得てしてこうした間違った思い込みである場合多いのです。



でも・・・

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ