催眠療法メルマガ第47号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第47号 2014年1月20日号

さあ、トラウマというものは得てしてこのように、
何でもないことの、間違った思い込みの場合多いものです。

この方の場合、貴方ならお分かりだと思います。

小学生の幼い時、その時の本人にとってみると、
お母さん体具合悪いと訴える妹さんだけを構っていたのを、
自分だけ構ってくれないで、虐待されているような気分だったのは
確かにあり得ることだろう、と。

そしてまた同時に、お母さんは決して虐待していたわけでも何でもなくて、
ただ、具合悪いと訴える妹さんを構っていたので、単にそれだけの理由で、
大きなお姉ちゃんを構ってる余裕ないだけだったのだと。
虐待を受けてたと感じている自分は単に何か錯覚をしているだけだった、と。

これは大人の視点から見たものです受けてる本人も既に大人なわけです。
ですので、顕在意識ではこのことは通常、同じように認識しているものです。

そして、それに加えて本人は、この幼い頃の出来事をその時の視線から、
観ているわけです。 その時自分はどういう感情だったのかということを、
客観的な大人の目ではなく、その時の自分の目で。

つまり、どのように虐待を受けていたのかという状況をその時の
感情と共に味わっているのです。 もちろん、その目では、
自分の間違った思い込みだったなんては思ってもいないわけです。

整理しますと、幼い頃の自分の視点と大人の今の自分の視点との両方で同時に
その時の場面を見ているのです。
だからこそ、幼い自分そう実際、感じてたことと、それ本当は
間違った思い込みであったことを認識できるのです。

その問題の場面をその時より成長した意識も持って、同時に体験することに、
退行催眠の意義あるのです。

お分かりでしょうか。


でも・・・

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/

まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ