催眠療法メルマガ第48号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第48号 2014年1月30日号

でも・・・、

貴方は既にお分かりのように、
その幼い頃の場面を見ている大人の自分の目
もし、幼いままの目だったならば・・・

いくら幼いその当時の視線の他に
今の大人の自分の目でも見てるとは言っても、
実質的に幼い頃の視点のみで見てるのと
何ら変わりはないのです。

両方の視点で見ることできるからこそ、
幼い頃の自分の視点、単なる
間違った思い込みであること認識できたわけです。

通常の人はそれできて然るべきです。

です、数の中にはそれできない人もいるものです。
もし、今の大人の視点でも幼い頃の視点と
何ら変わらない方の場合、
果たしてどういうことになるのでしょうか?

間違った思い込みをそれをそうだと認識できるのでしょうか?

本来の大人としての視点欠落している人にとっては
それは難しいというものです。

これは見た目では分からないかも知れません。
どこの世にも、周囲に自分を溶け合わせて
何でもそつなく無難に振る舞うの得意な方もいますので。
そうした一見大人に見える人もいますので。

間違った思い込みをそう認識できなかった場合、
何も変わり得る状況にはなりません。

その方の場合、実際には何も変わらず、
その後も、お母さんは幼い頃、自分を虐待していたという認識を
変えることはありませんでした。

こうして、今の状態はその状態をただ維持するだけという
不幸な結末に至ったのです
これはセラピストにどうすることもできないことです。
そこで説教してどうにかなるものではありませんので。

催眠療法はまともな頭脳の働きを持つ人を対象としているのです。
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ