催眠療法メルマガ第49号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第49号 2014年2月10日号

さて、幼い頃に退行した場合、
通常はその当時の幼い頃の視点そのまま
働いている状態と同時に、現在の大人の視点も
目覚めた状態で見ているからこそ、
間違った思い込みも間違った思い込みとして
認識できるわけです。

退行催眠というのはそれ故、黙っていても
セラピーとして作用するものです。

ところ、前号で示したように、
現在の大人の視点何らその時から成長してない
視点だった場合、何一つ変化起きる道理もないと言えます。


こう言うと、未熟なセラピストは、
世間慣れして周囲に上手く合わせられる大人の人には
セラピー効果高いと曲解するかも知れません。

でも、得てしてそうした人の場合は、
そもそも大人の視点を持ってないばかりか、
幼い頃の記憶だって思い出せない傾向にあるものです。

そしてさらに、そうした方というものは、逆に、
本人に自覚ないだけで、そうした人こそは
この人の場合でいう親に虐待されていた自覚ないばかりでなくて
むしろ、そうした状況を受け入れ続けて、
社会では適応できないとか、対処できないとかの
ある種適応障害を起こしているものです。

どこかでそれに気づいた場合は、独立して
親の影響下から逃れて、生活を立て直すことは可能です
本人すっかり馴染んでしまって、自分の生き方に
何の疑問にも感じないで直視するつもりない場合、
根は深いものです。
アダルトチルドレンと呼ばれるものの多くは
これに当てはまるものかもしれません。
(こうした言葉に捕われてはいけません。)

前者の場合、乱れた心身の不調は、
催眠療法で健全な状態に修正可能です
後者の場合、そもそも本人には深いレベルで
健全になることを望んでなかったりします。
表面上はともかく。


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ