催眠療法メルマガ第5号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法ヒプノセラピー)

─────────────────────────────── 第5号

前号までにした話は、

催眠に入っても普段通りの意識はしっかりあるということと、
それ故、催眠では操るとか、何かを外圧みたく作用させることは
できない、ということでした。

それでは、催眠にはどういう作用があって、それをどう療法に応用する
ことができるのでしょうか?

人間の意識には、普段起きている時に働いている顕在意識と、
それとは別に、意識することなく働いている無意識や潜在意識があります。

心臓の鼓動や呼吸、それに腸での消化等々は、人間が意識することなく、
常時働く無意識的な動作です。

意識的でない意識には他に、眠っている時に主に働く潜在意識があります。

無意識と潜在意識は一般に同じ意味で使われているようですが、
ここでは敢えてこのように分けることにします。
どちらも意識的ではない、という点は同じです。

さて、催眠状態では、前号までの話しからお分かりのように、
人間が起きている時に働いている顕在意識はもちろん働いています
また、心臓も呼吸も腸も働いているわけですから、
無意識も普段通り働いていると言えるでしょう。

それに加えて、催眠状態では眠っている時に主に働いている
潜在意識が働いているのです。

この、顕在意識と潜在意識が「同時に」働いているという状態が
催眠状態なのです。

この点が、起きている時の意識状態とも眠っている時の意識状態とも
異なる、ある種の特殊な状態なわけです。

セラピーをこの状態で行うため、
他の心理療法とは趣を全く異にする成果が達成可能なのです。

この点が、他の療法との決定的な違いです。



___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                        (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/






まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ