催眠療法メルマガ第50号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第50号 2014年2月20日号

さあ、話長くなってしまってるので、
どういう話をしていたのか、忘れてしまっているかも知れませんね。

何あろう、書いてる私どういう流れで
今こういう話になってるか忘れてしまってますので。


それはともかく、ごく最近の話を少しまとめると、

過去の嫌な出来事はトラウマなんかではなくて、
それは単に嫌な出来事だということ。

それを蒸し返す意味はセラピー的には皆無だということ。

トラウマは得てして「間違った思い込み」にあること。

退行催眠ではその当時の目(感情、感覚)で見る(思い出す)のと同時に、
現在の(大人の)目(視点)も普通に機能してるので、
これら二つの視点で同時に同じ事象を見ることできること。

それによって間違った思い込み通常、自覚できること。

それによって現在の各事象の認識変わり、
それに伴って現在の現実変わってくること。

ただし、もし、現在の(大人)の視点退行した時点から成長してない場合、
実質的に退行した時点での視点の一つしか機能しないため、
見てる物を客観的に捉えることもできないため、
「間違った思い込み」を認識することもできず、
現在の現実変わる道理ないこと。

見た目の大人かどうかは一切関係ないこと。
成長の度合いは見た目と一致するわけではないこと。


最近の話をざっとまとめるとおおよそこのようになります
以上のことは覚えたって何の役にも立ちません。
比較的最近の号を読めばわかることです
もしわからない場合、間違っても以上のまとめを
覚えるようなことをしては何の意味もありません。

しっかりと、バックナンバーを良く読み直して
腑に落ちるまで読み直してください。
そうでないと、今後ますます、催眠療法の話は
わけのわからない話になってしまいます。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ