催眠療法メルマガ第51号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第51号 2014年2月28日号

さて、ところで、セラピーを受けに来る方で、
しばしば誰かに付き添われてくる方います。

本人はその方をある意味頼ってるところあるのかもしれません。
しかしなら、付き添いの方セラピーの助けになってる場合と、
むしろセラピーの邪魔になってる場合と、そのどちらもあります。

一見、付き添ってくるくらいの人だから、
セラピーの助けになってる人ほとんどだろう、
と思われるかもしれません実はそうとも言えなかったりするのです。

では、どのくらいの割合で、むしろセラピーの邪魔になってる方いるのでしょうか?
ちょっと考えてみてください。

そのうちまた。この話に戻ってきます。
(もしかすると、ずれて行って忘れてしまうかもしれません
その場合は、メールでお問い合わせください。)

というわけで、今日はちょっと別の話を。


催眠療法で他人を変えることはできないとお話しました。
(もしかしたらまだ話してないかもしれません。)


時折、この人のこういうところを何とかしてくださいと、
その人のセッションを依頼してくる人います。

そういた場合、言うまでもありません
「その方はそれを望んでいますか?」と聞いたうえで、
申し込みを受けるわけです中にはこういうケースありました。

「付き合ってる彼アルコール依存症で二人でいても
アルコールに依存してるので、アルコールに依存しないようにしてもらいたい。」と。

彼もそれを望んでいると言うので、セッションの申し込みを受けることにしました。
しかしなら、料金を払うのは彼女の方だと言うのです。
決して安くない料金を、です。

このセラピーの結末、あなたは想像できるでしょうか?
また、彼女セラピーの助けになる人だったか、
それとも邪魔な人だったか、想像はできますか?

10日間、よーく考えてみておいてください。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ