催眠療法メルマガ第52号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第52号 2014年3月10日号

さて、考えてみましたか?

付き合ってる彼のアルコール依存を何とかしてくださいと頼んできた、
その若い女性は、自分でセラピーの代金を払ってまで、
彼にセラピーを受けてもらって何とかなってもらいたかったのです

このセラピー、上手く行ったと思いますか?

おそらく大部分の方は、セラピー受ける彼はアルコールを好きで飲んでいるわけだし、
アルコールをやめてもらいたいのは彼女だけで、彼こそ付き合って
セラピーに来ているわけだから、セラピーは失敗したに違いない、
と思われたのではないでしょうか?

そう、これまでも、催眠療法で、本人なりたくないようにすることはできない、
他人をコントロールすることはできない、と繰り返し言ってきているので、
おそらく、これまで良くこのメルマガを読まれてきた方ほど、
セラピーは失敗した、と予想されたのではないでしょうか?

さて、どうだったのでしょうか?

実は、首尾良く、セッションは上手く行きました。
つまり、本人も本当にアルコールをセーブしたかった、ということです。

では、次に聞きます。
セッションする前からこのことは予測可能だったでしょうか?

これは実は予測困難なことです。
精度の高いウソ発見器なら予測できるわけです
誰も本人の真の希望は分かりません。

ただこちらは、取りあえず、本人の言うことを信じて
セラピーを行うのです。 こちらセラピー行う前から疑っていては、
上手く行くものでも上手く行く道理はありません。

さて、何の話でしたっけ?

あ、そうそう、相手を何か決めつけて行うと、本来起こるはずのことは起こらず、
その決めつけた結果しか起こらない、という話でした。

何? そうは聞こえなかった、ですか??

まあ、いいでしょう。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ