催眠療法メルマガ第53号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第53号 2014年3月20日号

もし、その男性には催眠療法が作用しないで、アルコールへの依存
相変わらず続いてしまうようなことになれば、やはり彼はアルコールを
捨てたくはなかったんだな、ということになってしまうところでした。

この場合、安くない施料を払ってまで付き添って連れて来たこの方の彼女さんは
お気の毒この上ないことになるところで、こちらとしても心苦しいところでした
彼女さんの心通じたためもあってか、見事、彼には私の催眠療法は成功裏に
終わったのでした。

こういうセラピーはする方もやり難いものです結果は正直なものです。
この方の場合、ご本人もアルコールを本当に止めたかったことも
あったのでしょうけれども、付き添いについていた彼女さん
セラピーの手助けになっていたことも大きかったのではないかと思いました。

セラピーに付き添って来る方というのは、みんなみんなこのように、
を受ける方に本当には協力的というわけではありません。

特に家族の場合、困ってるのは施を受ける本人ではなくて、
付き添いの人困ってどうにかしてもらいたいので、連れて来る、
なんていうこと結構あるのです。

先の彼のアルコール依存を解決してもらいたかった彼女さんの場合こそは、
一見しただけでは本当に困ってるのは、その彼女さんだけという可能性も
否定はできなかったのです、結果からみるに、そうではなかったわけです。

そして、こうしたことはセラピーを行うほうには、区別はつかないものです。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ