催眠療法メルマガ第54号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第54号 2014年3月30日号

先の禁酒したい方のセラピー成功の原因はもちろん、ご本人本当に
禁酒したかったことです、もし、一人だけでセッションを受けに来た場合でも
全く同じように作用したかとなると、必ずしもそうとも言えなかったかもしれません。

というのは、暗示を与えている最中に、反応どっちに触れるかも見ているわけです
節目節目で、そのつど、好ましい流れに触れていたからです。

その節目節目でその場にいる付き添いの彼女さんの気配を感じたからです。

付き添いに来る方の全員からいつもそうした気の流れを感じるわけではありませんし、
それどころか、むしろ妨害するような気の流れを感じる付き添いの方もしばしばいるものです。
その割合は概ね半分くらいいるような感じです。


さて、ある時、禁煙してもらいたいと、家族、義理の娘さんに連れられて70代の
男性来たことあります。 聞いてみると本当に禁煙したいと、確かに
本人も言うには言うのです。

聞いてる私は、その方の表情からして、その答えには一見して疑いを持ちました
本人そう訴えてる以上、取りあえず、それを信用して催眠療法のセッションを行いました。

ここで、一応、質問です。

何故私はその方の答えに疑問を持ちならも、その方の訴えを聞いて、
セラピーを行ったのでしょうか?

もし、あなた認識できていないとしたら、これまでの話もおそらく、
何一つきちんとは聞けていなかったと思われますのでここで聞いておくことにします。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ