催眠療法メルマガ第55号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第55号 2014年4月10日号

さあ、何故私はその禁煙したいと訴える方の答えに疑問を持ちならも、
その方の訴えを聞いて、セラピーを行ったのでしょうか?

考えてみましたか?

普通、疑問を持ったなら、そのセラピーは行わないものではありませんか??

疑問はあくまで疑問であって、私疑問を持ったからと言って、
それ確定となるわけではありません。

それ外れている可能性はゼロとは言えないものです。

もし外れていれば、セラピーは功を奏する可能性あるからです。

そういうわけで、疑問を持ったからと言って、それだけの理由で
セラピー不可という判断には至らないようにしてます。

結果ならやってみればはっきり分かるのです。
その結果を待たずに、それに先立って判断する意味はありません。

もし結果ダメなら、私の判断はやはり正しかった、ということにはなります
この場合、誰もハッピーな方はいません。

もし、作用したのであれば、私の判断は間違っていた、ということにはなります
クライアントはホントのことを訴えていたし、願いも叶えられたことになるのです。

このどっちになるかは、単にセラピーを行ってみればわかることなのです。
です、同時にまた、やってみなければ分からないことでもあるのです。

そういう次第で、どのような場合でも、デフォルトではクライアントの訴えは
第一に尊重するのです。

それは迷うようなところではないのです。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ