催眠療法メルマガ第56号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第56号 2014年4月20日号

さて、その方の場合、セラピーをやって果たして、良い結果は何一つ出ませんでした。
そりゃそうでしょう、とは思いましたやはり思った通りではありました。

ご本人は自分は煙草をやめるつもりなんかないんだ、と言うことを、
果たして本当にわかっていなかったのでしょうか??

もし、彼本人自ら申し込んだのでしたら、その可能性はあったでしょう。
です、彼は家族の方に連れてこられたのです。繰り返します

彼は自分では、禁煙したいとは言ってましたそれは説得されてそういうことになってる、
というだけの意味で、本当は煙草は好きで吸っていたい、でも、家族嫌だというので、
しぶしぶそれを受け入れてやめようとしたけど、結局やめられなかった、
というの実際だったわけです。 彼本人はタバコを吸って困っているわけでもなんでもなくて、
困っているのは彼を説得してわざわざ催眠療法に連れて来た彼の家族だということなのです。

もう一度言います。 困っていたのはセラピーを受けた方ではなくて、
彼を連れて来た家族だったのです。

誰かに付き添われてセラピー受けに来る方の概ね約半数の方は、このように、
付き添いの方はセラピーを受ける方の力にも何にもなってない方だったりします。
ましてや、申し込んだの付き添いの方なんていう場合、本当は困ってる方は
その申し込んで付き添って来る方だったりする確率はとても高いものです。

では、次の方のような場合、どう思いますか? ちょっと考えてみてください。

その方は訴えました;自分は煙草は好きだし健康も経済的にも問題はない。
だけど、幼い子供には良くないだろうから禁煙したい、と。

この方の場合、どうでしょうか??

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ