催眠療法メルマガ第57号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第57号 2014年4月30日号

この方の場合も本人は煙草は好きで、もし子供いなければ吸っていたい人なのです。
ただ、自分のためではなくて、子供のために止めたいと言ってる(思ってる)人なのです。

その意味においては、先の家族に連れてこられたおじいさんの場合に似ているケースと
いえるのかもしれません、もしかすると。

さて、果たして結果はどうだったかと言えば;

しっかりと作用しました。

理由はもうお分かりでしょう。 彼「子供のために」と言っていたことは、「本当に」
子供のためにそう(禁煙したいと)思っていたからなのです。

そういえば、その方は奥さんの付き添いで来たわけではなかったですね。

そもそも本当に何とかしたいと思ってる人は(特別何かの事情でもない限り)
誰にも言われないまま、ちゃんと本人自ら来るといった特徴ほぼ共通してみられます。

理由は何であれ、本人本当に望んでいることならば、しっかりと催眠療法は作用するものなのです。


あ、今ここでは、付き添いの話をしていたんでしたっけ??


珍しいケースでは結局、催眠療法は行わず、セッションを終えたこともありました。

ある時、高校生の青年母親に連れられて来ました。
彼は柔道家になるために今の高等学校に進学したとのことでした
少々、問題を抱えていました。

本人に聞くと、彼は、柔道は確かに強くて身体能力も優れているんだけれども、
柔道家にはなりたいわけじゃない、とのことでした。

それはお母さん望んでいることであって、彼にはお兄さんいて、
お兄さんは上手い具合にお母さんの教育からは逃れた様子でした。

彼は人良いのでお母さんの希望通り進学して、今の問題を抱え、
お母さんによって、私の元に連れてこられるのを受け入れたのでした。

さて、セッションはどのような経過を辿ったでしょうか?
ちょっと考えてみてください。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ