催眠療法メルマガ第59号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第59号 2014年5月20日号

さて、ちょっと整理しておきましょう。

相談者は高校生の息子を柔道家にしたくて、入れた高等学校の卒業危ぶまれているので
何とかしたい、ということでした。 その息子さんは身体能力も(たぶん)十分あって、
柔道も強いようでした、いかんせん、柔道は好きでない、とのことで、他に一応、
考えてる道はある、とのことでした。 まあ、もったいないのかもしれません

依頼者はお母さんのほうです。 ここで、息子さん無事、高校を卒業できれば、
柔道家になる道も開けて来るのでしょうけど、今ここであきらめてしまえば、
柔道家になることは断念しなければならないというのです。
その高校を卒業できる程度の学力をつけることできれば、その場はなんとか、
やり過ごすことはできるのでしょう。

ただ、彼は柔道は好きではないと言ってる以上、きっとどこかでその葛藤
柔道家としての道を塞いでしまう可能性は高いでしょう。
そうなってしまっては結局は困るわけです。

柔道好きでない、なんてそんな贅沢は言うな、と言って諭すこと必要なのでしょうか?
あるいは、葛藤に打ち勝って、我慢しならでも、柔道に没頭するようになるような
術が必要なのでしょうか??

良く思い起こしてください。 催眠で本人受け入れたくないことを行うことはできない、と
これまで折に触れて述べてきました。
ですので、この方針でセラピーを行うこと良いはずはないのはお分かりだと思います。

では、単に、柔道好きになる施を準備段階として行って、その後に改めて、
高校卒業に向けての学力の向上のセラピーを行うと、どうでしょうか?

これなら、彼は柔道好きなわけですから何の葛藤もなく、柔道家の道に進めるわけです。
そしてそれは相談者であるお母さんの希望に沿っているのです。
誰一人不満に思う人も生じない解決策だとは思いませんか?

あなたはこの方針で催眠療法のセラピーを行うことに対して、いかお考えになりますか?

何かまずい点でもありますか?

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ