催眠療法メルマガ第6号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

─────────────────────────────── 第6号

前号は催眠状態についてお話しました。

さて次に、その状態ではどういう作用あるのか、という話なのです
潜在意識にアクセスできるようになってる、ということなのです。

普段目覚めて起きているときですと、潜在意識は眠ってますし、また、
睡眠中ですと確かに潜在意識は活発に働いてくれてはいます
顕在意識は働いていてくれませんので、意識的に潜在意識に
アクセスすることはできません。

催眠状態では前号のお話のように、顕在意識も働いていてくれますので、
その顕在意識を仲介して、物事を潜在意識と交流すること
難なくできるのです。

そして、催眠療法というものは、この特殊な状態を用いて、《意図的に》
潜在意識に働きかけることによって、現実を変えていく療法なのです。

この意図的に潜在意識に特定の事柄に関してかかわっていくという
他の療法では原理的に成しえない最大の特徴なのです。

多くの人は潜在意識を書き換えることで都合の良い状態を起こすの
催眠療法だと思われてるようですそれはあまり正しくはありません。

催眠療法は潜在意識と大きくかかわりを持ちます、決して何かを
書き換えたりするのとは違います。

「かかわる」、というのとそれを「変える」、というのは異なるのは
言うまでもないことでしょう。

催眠療法は潜在意識とかかわりを持ちます、決して必要以上に
影響を与えたりはいたしません。
と申しますか、それはそもそも催眠ではできないことなのです。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/






まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ