催眠療法メルマガ第60号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第60号 2014年5月30日号

確かに柔道を好きになってくれれば、高校も卒業のためやる気起きる可能性もあるのかもしれません。
そして柔道家になってくれれば、相談者のお母さんの希望も叶えられて、何も悪いことはないように見えます。

これだと、単に一生懸命勉強を促す催眠を与えて勉強させるよりもずっと良いセラピーなのかもしれません。
もし、作用しなければその時初めて別の道を考えれば良い、という意見もあるのかもしれません。

これまでも、あれこれ決めつけることなく相談者の希望を聞き入れてセラピーをするものだ、と
言ってきたことを覚えていらっしゃる方は尚更そう思ってるかもしれません。

です、私はそうした方針は取りませんでした。
決めつけない、というのは相談者の希望の真偽というよりはもちろん、催眠療法を受ける人のことだからです。

彼の希望なら、口からはあからさまに出てきてはいませんでした柔道家にならないことなのです。
別の道を進むことなのです。そしてその道に進むにはもっと楽に卒業できる高校を卒業しても十分だったのです。

当然です催眠療法の出る幕はそのセラピーではありませんでした。
お母さんは必ずしも納得したわけではなかったかもしれません
セラピーというものは相談者の横暴を助長させるものでもありませんし、オーソライズさせるものでもありません。

少なくても家に帰って家族に話す時に、お母さんの意見こそは承認されなかったと、はっきりした事実を示せることは
有意義なことのはずです。

もし、穏便に済ませるなら、形の上だけは催眠療法を行って、勉強できるようになるとか、
高校を卒業できるようになるとかの内容で行うことはできたかもしれません。
そして、結果伴ってこないので、その時点になって、何か適当なことをいう事もできたかもしれません。
です、その場合はいつまで経っても、このお母さんの横暴さを是正することはできませんし、
この息子さんもそれからも相変わらず、お母さんのわままに付き合わされることになるのです。

そうした方向に進める意味はありません。

付き添いの人申し込んで、催眠療法を受ける人を連れてくる場合、得てしてこのように、
受ける人の邪魔を日常的に付き添いの人してる場合多いのです
(そうでないケースも中にはあります。)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ