催眠療法メルマガ第61号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第61号 2014年6月10日号

実のところ、ここまであからさまなケースは決して多いわけではありません
相談者付添人の場合、問題を抱えてるのはその相談者連れてきた
催眠療法を受ける側の人ではなくて、本当はその相談者本人だという場合
実際のところ多いのです。

また、連れて来られた人必ずしもそのことを認識してるわけでもありません。
(認識してる場合はむしろ、受けに来ない場合の方多いでしょう。)

そういう意味では、それ認識できてない連れて来られた人に、
そのことをそれとなく認識させてあげることもセラピーなのかもしれません。

また、変わった例では友達を誘って一緒に受けに来る方もおられます。
そうした場合、ダイエットとか、同じ悩みだったりするものです。
ただ、誘われて来たほうは、たいした気乗りしてない場合も多いものです。

そうした場合、誘ったほうには作用するものの、付き合わされてきた方には
あまり作用しない、といったケースよくあるものです。
この場合、付き合わされて来たほうは、一種の害を及ぼす付添人と同じです。
その方の気乗りしない態度はセラピーの妨げになってるため、
せっかく作用してるほうの人にまで悪影響を及ぼしてしまいます。
まして、一緒に帰るわけですから、作用を打ち消してしまうことまで
言うものです。 たとえどんなに作用しているものでも、否定してしまえば、
それは否定されてしまいます。 そこ物理的・化学的な薬等とは
根本的に異なる点です。

ですので、できるだけ、人を誘ったりしない方変な影響を受けない点で
良いですし、必要でもない人にまで付き添ってもらうのは避けたほう良いでしょう。


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ