催眠療法メルマガ第62号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第62号 2014年6月20日号

さて、こうして一方的に話して(書いて)いると、
必然的に一方通行の話になってしまうので、
話にも生気宿らなくなってしまいます。

もっとも、一方的な話でその話を相手に押し付ける人ならば、
その方ある意味、その方の持ち味出るのかもしれません
私の場合は、クライアントさんに話する場合でも、
生徒(弟子)に研修などで話をする場合などでも、
対話的な話にしてます。

クライアントさんに催眠療法)の話をするときも、
それは、相手の反応如何によって、微妙に話の内容も
変わってくるものです。

もちろん、芯となる部分の話は変わることはありません

そうした生きた話でなければ、生ものであるセラピーは
成り立たないものです。

ところ、セラピーを受けに来る方々の中でも、
様々なタイプに分かれます。

中には、まるであたかも時間つぶしで話を理解することなく聞くタイプの方
かもしれません。こういう方は決して珍しいわけではありません。

そういう方はたぶん、どんなにおかしな矛盾することをしゃべっても、
何でも、はい、はい、と聞いていることでしょう。

彼らの、はい、はい、は聞いてないの意思表示なのです。

催眠療法は平均以上の知能ある方のほうより作用しやすいものです。
そうした方は決して何でもかんでも、はい、はい、とは答えないものでしょう。

今度一度、大間違いな事でも言って、反応見てみましょうかねえ・・・?



___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ