催眠療法メルマガ第63号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第63号 2014年6月30日号

何でも、はい、はい、と話を聞く方は、本当は決してまじめな方ではありません。
本当は実に失礼な方です本人は実にまじめだと思ってるの常です。

そういう方からは質問出て来ることはありません。
何も疑問に思わないように何も考えていないのですから。

クライアントとしては、その方ある意味、扱いやすいクライアントさん、
といったところも、あるのかもしれません。 自信のないセラピストにとっては。
でも、そういうセラピストでなくても、少なくても怒られることはないでしょう。

ところ、弟子、生徒、となると、こういう方は全く居場所を失います。
いえ、もしかすると、そういうのは私のところだけかもしれません

こちらは、弟子の育成には「わざわざ」疑問だらけの話をして、
彼らに頭を使って考えさせるのです。
催眠療法の(何も催眠療法に限ったことではないでしょうというものは、
ただそれだけで出来上っているものでは決してありません。

十分に疑問点を発見し、考え出せて、解いていくことできなければ、
何をやっても技は身につくものものではありません。

催眠療法は、ただ単に覚えればできるようになる、なんていうものではありません。
何でも鵜呑みにして一見矛盾するようなことにさえも、一切何一つ疑問にも感じないような
稚拙な人間に習得できるような質の低い技など、本来何一つありません。

世の中にはそうしたものばかり広まってるのかもしれません・・


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ