催眠療法メルマガ第64号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第64号 2014年7月10日号

よく、世の中には簡単に催眠療法が習得できる、としてセミナー開かれて、
認定証発行されているところを見かけます。
それも、1日や2日で。

あなただけでなく、多くの方はきっとこうしたものには多大な疑問を
持たれていることでしょう。
それで本当に身につくのかって。

別に私そうしたものを見て回ってるわけではもちろんありません
私の経験上、2,3、ちょっと言及させていただきます。

私はかつて1990年代ですクラズナー博士の日本でのセミナーを
受けたことあります。
それは2日間で構成された初級クラスでした。

わずか2日間で本当に学べるものなのだろうか、と疑問に思いつつも、
決して安くはない費用を払って受けに行ったものです。
もちろんそれは一般向けの誰でも受講料を払えば受けられるような
セミナーではありました

当時私は催眠催眠療法のことはあまりよく知らない素人でしたし
ましてや学位も取得していない時でした。

さて、そのクラズナー博士のセミナーはどうだったと思いますか?
もちろん、催眠療法士を養成するセミナーのことですよ。

クラズナー博士が自ら行うくらいだから、一般向けとはいっても
素晴らしい内容の、それだけで十分習得できるものだったと思いますか?

それとも、初級クラスなんだから、お遊び程度のものだったと
思いますか?

あるいは、2日しかなかったのだから、そもそも内容と言う内容は
具体的には何もない概論的なものだったと思いますか?

それとも、そのコースの後に何か別の案内あるものだったと思いますか?

また、どういう方々全部で何人くらい受講生として受けに来ていたと思いますか?

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ