催眠療法メルマガ第65号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第65号 2014年7月20日号

さて、そのクラズナー博士の(日本での)セミナー、
2日間の一般向けの初級コースには確か三十数名の普通の男女てました。
ほとんどの方はごく一般の方だったと思いました。

そこで、その内容ですこれなら自分にだってできるに違いないと思わせる
内容でした。 それも簡単に。
あれを見て、これは自分にはとてもできるものじゃないと思った方は
おそらくいなかったのではないでしょうか?

それほど催眠療法というものは、まるで誰でも簡単にできるものなんだと
アピールしたかったのかもしれません・・・

それで、その中身は、といえば、今の話とはきっと矛盾するように
感じるかもしれません実にコンパクトに要点を押さえた内容でした。
これほどしっかりしたまっとうな内容もまったく珍しいのではないでしょうか。

実際のところ、私に関して言えば、そのクラズナー博士のセミナーだけで、
本当に催眠療法ができるようになった、と言ってまったく過言ではないのです。

クラズナー博士のセミナーというのは、そういう内容のものだったのです。
ちゃんと学べば、です

それは決してお遊び程度のものなんかじゃなくて、非常にまっとうなもので、
とても実践的な内容のものであったのは紛れもない事実なのです。

さて、では、それを受講した生徒の多くの方実践レベルでちゃんと
習得できたものだったと今あなたは推測してるでしょうか?

普通はそう推測して然るべきだとは思います。

でも、私の話し方からして、何となくそうではなかったのではないかと
思ってはいないでしょうか?

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ