催眠療法メルマガ第66号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第66号 2014年7月30日号

さて、そのクラズナー博士の一般向けのセミナーなのです
実のところ、それは明確な手順あって、
それを正確に覚えておいて、その通りにクライアントに説明し、
決まりきった手順で催眠に誘導し、暗示を与えるように組まれていました。

主にクライアントにする催眠の説明なかなかうまくできたもので
下手に様々なテクニックを使うよりはずっとすっきり進める点
特徴的だったかもしれません。

さて、そこで、です、話こういっては何です
下手に分かりやすいだけに、そのまま聞いていると、
その通りになるほど自分でもごく普通にできるものだと
つい思ってしまうところ、盲点と言えるところでした。

こう言っても何の事だかさっぱり捉えようないことでしょう
何も分からなくてもマスターしたのだと実感してしまうような、
そうした点気になるようなセミナーであったのも事実だったと思います。

少々語弊のある書き方になってしまったかもしれません
基本的には、内容のしっかりしたコンパクトにまとまった実践的な内容、
だったのです、受講生によっては、安易に手軽に簡単に施できるものだと
錯覚させかねない点もあったかもしれないのも
否定できないものだったように私は思います。

ちょっと施やってみれば誰だってわかることです
被暗示性テストひとつとってみても、
クライアントさんの反応はいつもセミナーで習った典型的な反応を
示してくれるわけではありません。

クライアントさんは機械ではなく人間ですので、何の反応であれ、
一人ひとり異なるの普通です。

こうした点をもきちっとセラピストは対応できなければならないのです。

(つづく)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ