催眠療法メルマガ第67号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第67号 2014年8月10日号

また、そのクラズナー博士のセミナーの表面上の内容というものは、
それを覚えておけば、その人もまた同様に同じような内容で、
セミナーできそうに一見思える内容だったのも気に留めておいたほ良いでしょう。

何しろ、クラズナー博士は、催眠療法は難しいものではなく、
割と簡単に誰でも臨床現場で施術ができるものなんだ、というスタンスで
日本でもセミナーされていた節あるからです。

こうした点でその内容まで初歩的なものだと思われてしまってる点は
良いんだか悪いんだか何とも言いようのない後味の悪さ残る点でした。
こう言っては語弊あります

おそらく頓珍漢に内容物足りなく感じた方も多かったのかもしれません。

クラズナー博士の誘導は実にあっさりとしたものでした。
えっ? こんなもんで催眠に本当に入るものなの???、と思ってしまうほど、
それは実にあっけなく、簡単に思えるものでした。

さて、果たしてそれで催眠に入れるものなのでしょうか??

おそらく、クラズナー博士がやるんだから、それで催眠に入れるのでしょうけど、
それ以外の方同じことしても、それでは全然入れないのではないだろうか、
と思えるほど、それは実に簡単そうに見えるものでした。

果たしてあなたはどう思いますか? 諸々の点を・・・


(つづく)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ