催眠療法メルマガ第68号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第68号 2014年8月20日号

クラズナー博士のクラズナーメソッド、こんなに簡単に本当に催眠に入れるもの
なんだろうか? と思えたのは事実でした。 こんなんで入れるならこれは
ものすごくセラピーは楽なものだと、思えたものです。

さて、そこで問題です帰宅して試しに第3者に催眠誘導を試みてみたところ、
ちゃんと誘導できたと思いますか?

さらに、セラピーをしてみて、それはきちんと作用したと思いますか?

参考まで以下の情報を与えておきますので、よくよく考えてみてください。

・ クラズナー博士のセミナー(初級)に参加していた人は約30人ちょっといました。
・ 見る限りにおいて、ひやかしの受講生は一人もいませんでした。
・ クラズナー博士はその中から人を選んでデモンストレーションを行い実践場面を
  見せてくれていました。
・ その大部分は実にあっさりと催眠に入っていましたし、
  ダイエット等の暗示もしっかり作用していました。
・ 私はそれまでただの一度も催眠誘導や暗示を誰かに与えたことはありませんでした。

さあ、これらの情報を元に考えてみてください。

もう一度、問いを掲げておきます。

Q1. 私帰宅して試しに第3者に催眠誘導を試みてみたところ、
   ちゃんと誘導できたと思いますか?

Q2.  さらに、セラピーをしてみて、それはきちんと作用したと思いますか?


さあ、じっくりと考えてみてください。

(つづく)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ