催眠療法メルマガ第7号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

─────────────────────────────── 第7号

さて、催眠で潜在意識とかかわるわけです潜在意識を書き換えるのとは
少々違うわけです。

もし潜在意識を書き換えることできるのでしたら、ある観点からでは
成功率は催眠に入れる確率に等しいということ言えます
別の観点からでは、上記のことから必然的に、本人の望まない事態に
陥る可能性ある、とも言えるわけです。

では、潜在意識とどう拘わって何を行うのでしょうか。

実は、潜在意識の中から、本人望んでる状態を引っ張り出してきて、
それを現在に安定させるのです。

潜在意識には人の様々な状態隠れ潜んでいます。
消滅してしまっていると思われるようなことまで、実は、
潜んでいます。

そこにアクセスして拘わるわけです。

潜在意識の何を顕在化させるかを本人の意思に基づいて
決定させるの催眠療法と言えるのです。

逆に言うならば、本人持ってないものまで
顕現化させることはできないのです。

例えば、私は催眠療法博士号を取得できました
何かでノーベル賞をいただくことは無理というものなのです。
この二つの違い、お分かりでしょうか。

しかしなら、潜在意識には常識では考えられないようなことも
入っていることを忘れてはいけません。
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/






まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ