催眠療法メルマガ第70号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第70号 2014年9月10日号

クラズナーメソッドはまったく紛れのない明解な手法で、
実にあっさりと素晴らしい効果でるやり方です。
きちんとやれば。

ただそれは、説明をしっかりちゃんと聞けるだけの知性にも優れた
典型的な素直なクライアントに対しては、なのです。

その全くもって習いたての初期の当時、私セッションした方で
実は私のHPの体験者の声に出させていただいた人一人だけいます。
その方はあなたには当てることできるでしょうか?
それ以外の方はもっとずっと熟達してからセッションを行った方々です。

いえ、クラズナーメソッドで行う説明は別に何ら難しいものでも何でも
ありませんので、中学生でも素直な人なら施できるほどの手法なのです

ただ、私はそのクラズナーメソッドで他の受講生たちも私と同様にできる感じは
実はしていませんでした。 受講していた時から。 それは空気で感じてました。

もう一度、前々回掲げた点を再掲しておきますので、
じっくりと考えておいてください。

・ クラズナー博士のセミナー(初級)に参加していた人は約30人ちょっといました。
・ 見る限りにおいて、ひやかしの受講生は一人もいませんでした。
・ クラズナー博士はその中から人を選んでデモンストレーションを行い実践場面を
  見せてくれていました。
・ その大部分は実にあっさりと催眠に入っていましたし、
  ダイエット等の暗示もしっかり作用していました。
・ 私はそれまでただの一度も催眠誘導や暗示を誰かに与えたことはありませんでした。

ここで注目すべき点は何だと思いますか?
それは一見して、受講生の属性とデモンストレーションに選ばれた人の属性なのです

そもそもこうしたちょっと多少なりでもオカルトチックなもののセミナーに来る方というのは、
そもそもそうしたことには反応しやすい人多いのです。
(誤解無きよう念押しますそのセミナーはオカルトではありませんでした。)
もともとそれに反応して参加した人なのですから、反応しやすいのは当たり前です・・・

そしてクラズナー博士はそうした人の中から人を選んでデモンストレーションを
行っていたのです。 もちろんそれは三十数名の中の一部の人達です。
10名にも達してはいなかったと思います。
ちなみに私は一度も選ばれませんでした。(催眠にかかり難いからでしょう。)

おわかりでしょうか。
全体の雰囲気は催眠にかかるという雰囲気に包まれている状況にある中で、
その中でもとりわけ催眠にかかりやすい人を選べる状況において、
そうした人を選んで、みんなの前に出してデモンストレーションをしていたわけです。

彼ら彼女らは別に決して、さくらでも何でもなくて、私と同じように受講料を払って
受けに来ている人たちなのでしょうけど、標準的な日本人というよりは、
だいぶ催眠にはかかりやすい体質の日本人だったわけなのです。

だから、あれだけあっさりと催眠にかかっていたのです。

です、もし、標準的な日本人だったら、状況は違っていたと思います。
つまり、催眠誘導一つとっても、もっと工夫は必要なはずだったわけです。
私はセミナー受けていて同時にそれを感じていました
周囲の雰囲気はそうではありませんでした。

そこに私と、その他全員の方々との決定的な違いあったわけなのです。



(つづく)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ