催眠療法メルマガ第71号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第71号 2014年9月20日号

つまり、いくらクラズナー博士の優れた催眠療法士養成セミナーといえども
そもそも初めからその場は催眠に入りやすいような場に
しあっていたということです。

そういう場で、その中でもとりわけ、被暗示性の強い人たちだけを
デモンストレーションに使っていたわけですから、
催眠療法、成功しないはずは初めからなかったわけなのです。

もちろん、それ平均的な日本人を相手にした場合でも
同じ手法通用する保証などはどこにもないわけなのです。
いや、むしろ、別な結果予想されると言っても過言ではないのです。

さて、受講生の多くはそれを認識できていたかというと、
それはできていなかったように思います。

ただ、彼らは漠然とは、実際のセラピーの場ではこう上手くは行かないだろう、
とは思っていたように私には感じ取れました。

です、問題はその理由です。

彼らはクラズナー博士のそのシンプルな手法そのもの
そう都合良くは自分たちには使えないだろう、と考えたような気します。

です、そこに微妙に状況認識に間違い生じていたと思います。

クラズナー博士のクラズナーメソッド、そのシンプルな手法それ自体は
とても良く作用する手法なのです。

つまり、問題はそこにあったのではなく、
クラズナー博士催眠療法のクラズナーメソッドを使える工夫要なことに
何も注意を向けていなかったことです。

一見、ただ覚えればできるかのように錯覚しちなクラズナーメソッドで
猿真似では実は全く別物になってしまいます。

これを理解できていたかどうか私と他の受講生の決定的な違いだったように
思います。


(つづく)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ