催眠療法メルマガ第72号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第72号 2014年9月30日号

人はそれぞれ別々の人です。
同じことを聞いても、普通は、異なった反応返ってくるの人というものです。

ヒプノセラピーであれ何であれ、相手にするのは人です。
それぞれ反応異なる人です。

同じことを聞いても同じ反応本来返ってくるものではありません

まあ、多くの場合、典型的な反応返ってくるのは事実ではあるかもしれません

それを当然のこととして期待するのはそもそも間違ってるのです。

特にセラピーを必要としてるような人は、典型的な反応とは著しく異なる反応を
示す人だって中にはいるものです。

そういう人達に、通りいっぺんの話をして、催眠に入れて良いかと言うと、
それは必ずしも良いものでないのはお判りでしょう。

ところ、クラズナー・メソッドの猿真似では催眠療法はそうなってしまいます。

いえ、別に猜疑心の強い方にその方満足のいく話できなければならない、
と言う意味ではありません。
猜疑心の強い方は、今はちょっと置いておくことにして話を進めます。

もう一度言うと、猿真似のクラズナー・メソッドでは、百人一様になってしまいます。

こう言うと、言葉ではきっと納得していただけるとは思います。

特に中でもまずいのは催眠誘導です。 みんな誰しも例外なく、文章を読み上げるような
口調でしゃべって、それで果たして本当に誘導できると彼らは思っているのでしょうか??

そこまでひどくなくても、単なる喋り口調で誘導できると、本当に思っているのでしょうか?

確かにクラズナー博士の口調はそうした口調であったのは事実ではありました・・・

それでは多くの場合はむしろ、しっかり催眠に入れることはできないと、
私は感じていました。

では、どうしたら良いか・・・



(つづく)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ