催眠療法メルマガ第73号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  73 2014年10月10日

さて、もう一度整理しておきますが、そのクラズナー博士のセミナーは、
とても良くコンパクトに要点を捕えてあって、一見、それを覚えておけば
その通りに行えば誰でも成功できるかのように思えるものでした。

ですが、普通、同じように行おうとすれば、それは単に猿真似になるだけで、
セラピーとして満足に作用するものにはならないと私は感じてました。

ですが同時にまた、他の受講生達はそうは思ってはおらず、
クラズナー博士だと受ける人は博士だという肩書があってそれを信頼するので
作用はするけど、自分がやってもそうした権威づけはないので同じようには
上手く行かない、と思っているように私には見受けられました。

そこも私と他の受講生の決定的な違いだったのかもしれません。
事実、私は博士を取得する前から、しっかりセラピーは成功していたのですから。

もっと言うと、その最初のクラズナー博士のセミナーを受けた直後の
言わば、まだ練習段階からセラピーは成功していたのですから。

以前、私はその時のセラピーを受けた人の体験者生の声もHPに載せてあると、
書いたのですが、その方がどなただったか、判明はついたでしょうか?

催眠療法は相手が解決したいと思ってる時に集中させて催眠に誘導して
適切な暗示を与えればセラピーは上手く行くのです。

言葉で説明すればこういうことになります。

催眠暗示はそれによってある意味半ば必然的に言葉は決まってきますし、
催眠誘導も程よい頃合いが掴めるものですし、その前の必要な説明も
何をどう話せば良いか、自ずと明らかです。

ですので、例えば催眠誘導はほとんどの場合で、文章を読み上げるような口調に
なるはずはありませんし、日常の喋り口調で良いはずもありません。

ですが、うっかりクラズナー博士のセミナーを聞いていると、ついつい
そうした口調の誘導になってしまうのです。 ですが、それでは猿真似なのです。

催眠誘導はこうでなければならないというやり方があるわけではありませんが、
こうであってはならないやり方と言うのはあるのです。

それは猿真似のことです。

他の受講生の方々はこのことの自覚がさっぱりなかったように思います。
私との顕著な違いでした。

(つづく)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ