催眠療法メルマガ第74号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第74号 2014年10月20日号

まとめます、クラズナー博士のセミナーは、あたかも、誰でも簡単に
催眠療法ができるように思わせるほどの簡単に見える内容のものでした
実のところ、コンパクトに実践的な内容網羅された類まれな充実した
セミナーだったということなのです。

です、それを吸収できていた受講生どれだけいたかとなると、
それは大きな疑問だった、ということです。
簡単そうに見えるということは何も簡単に吸収できるということに
るとは限らないということです。

つまり、うかつに参加しただけでは、その芯となる部分には気つくことなく、
せいぜい猿真似しかできないニセ催眠療法士を養成しかねないセミナーであったのも
事実だったということです。

というのは、たとえば催眠誘導一つとってみても、そうした猿真似でも、
ある一定割合で催眠誘導に成功する人もいるからです。

そして、そういう被暗示性の強い人というのは得てして暗示も作用しやすい人で、
幸運にもセラピー全体上手く行く場合もあるからなのです。

まあ、そうしたどんなに未熟な催眠療法士が行っても、
概ね約2割の人というのは、幸か不幸か作用するものなんですよ。

そういう次第で、その意味からして、催眠療法士というものは、
誰でもなれるものだ、と言えなくもないものなのです。

世の中にも実際にはこのレベルの催眠療法士が一番多いのかもしれません。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ