催眠療法メルマガ第76号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第76号 2014年11月10日号

さて、今度は、以前に出したクイズ(?)の答え、考えてみましたか?

これ以上もたもたするわけにもいきませんので、発表しますね。

が催眠療法を習得後すぐ行ったそのセラピー受けた方の体験談とは、
http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/diary/index.html
の中の、「高所恐怖症」の方でした。

もしかして、多少なりとも、クラズナー博士のセミナーを何らかの形で
聞いていたり、そのセミナーもどきのセミナーをどなたかから受けられた方は、
「ダイエット」か「禁煙」の体験談じゃなかろうかと思っていたかもしれません
そうではありませんでした。

まあ、確かにクラズナー博士のセミナーなんかでは、ダイエットや禁煙は
真っ先に行う最も基本的なセラピーだったと言えますので、そう思うのは
当たり前といえば当たり前かもしれませんね。

高所恐怖症どの程度、応用セラピーになるか知りません別に基本的には、
クラズナーメソッドをちゃんと習得していれば、普通にできることでした。

体験談の中でこれだけは、が博士号を取得する以前に行ったセラピーでした。

あ、ところで、あなたは、博士号を取ったから私の催眠療法の技術がアップしたとは
思ってないでしょうか?

学位というものは、それを取得するとレベルアップするといったものではなくて、
それ相応のレベルにあるから取得できるものなのです。

クラズナー博士設立の American Institute of Hypnotherapy の大学院博士課程への
入学なら、(日本の)大学の学部を卒業していれば入学だけはできるものでした。
誰でも修了できるわけではないのは高等教育だからこその所以です


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ