催眠療法メルマガ第77号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第77号 2014年11月20日号

ところで、〇〇病に催眠療法は有効ですか? という質問をよく聞きます。
です、病名は催眠療法には本質的な問題では全くありません。

今は心身のバランスを崩していたとしても、かつての健全な状態と言うものは、
実は失われているわけではありません。

もっとも、物理的に失った手足等までをも失ってないという意味ではありませ

基本的に、身体破損されていなければ、以前の心身の健全な反応の状態というものは、
決してどこかに消えてなくなったわけではなく、潜在意識下に潜んでいます。

例えば、鬱の人はとかく体重く、そのため周囲からはやる気なく見られちです。
やる気ならむしろ人一倍あるのに、まるで重いリュックを背負ったかのように、
動かないと聞きます。

こういう人でも、それはもともとそうだったのではありませんし、
重いと言っても、体重増えたと言うわけでもありません。
(中には太った人もいるかもしれません。)

通常は、以前、何年か前までは元気にかろやかに暮らしていたものです。
そして、身体変わったというわけでもない。
なのに、体の反応ときたら、なぜだか、重く感じて動かないのです。

経験したことのない人から見れば、そんな馬鹿な、と思われるかもしれません
人は何かのきっかけあってもなくても、こうしたことは起きるものです。

その症状によって、病名ついたりつかなかったりいろいろあるかもしれません。

です、ここで重要なのは、以前、まともな状態だったかどうかです。
その状態はまだ潜在意識下にではあっても、まだ依然として存在するのですから。

それを有効利用するの私の催眠療法なのです。

っておわかりでしょうか?

尚、自然治癒という言葉あります、それは端的に言うと、
本人自覚なしに行った(私の)催眠療法とも言えるのです。

尚、私はこのメルマガで医学の事を語っているわけではありません。


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ