催眠療法メルマガ第78号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第78号 2014年11月30日号

言葉を変えて言うならば、私の催眠療法は自然治癒のように、
ごく自然に体に無理をかけることなく、無害で作用するものなのです。

私の催眠療法は顕著に元の状態に戻す事可能です。
それは病名どうこうによるものではないのです・・・

尚、これは医療行為を行うものではなく、
催眠療法はあくまで健康法です。

そして実はクライアント本人の力を引き出しているのです。


心臓疾患等の疾患ないにもかかわらず、電車に乗るとパニックを起こして、
ドキドキしたり、呼吸に苦しむ方います。

仮に心臓疾患等の疾病でそうした状態になるのでしたら、それは医療で解決させるべき問題です。
催眠で一時的にその発作を抑えることできたとしても、それ自体は害はないとはいえ、
解決に至る道ではありません。

催眠療法はそうした一時しのぎの手段ではありません
世の中では、そうした一時しのぎの連続が催眠療法だと何か勘違いしてる方も多いようです。

話を戻します。
別に身体的疾病もないにも関らず、上記のような、いわゆるパニック発作を起こす人います。
そのきっかけある方もない方もいます。
どっちの場合も、多くは、身体は特に変わったわけでもなく、元々は普通に電車に乗れていた方です。

元の健全な心身の反応に自分で戻せれば問題にはなりません何度か繰り返すうちに、
いつの間にか、この現象習慣化してしまいちです。

です、そのほぼ全員の方は元々は何ともなかった方々なのです。

こうした方々は繰り返し言います私の催眠療法が適した方々と言えます。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ