催眠療法メルマガ第79号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第79号 2014年12月10日号

前回の話、少し整理しておきます。

心身の不調和な状態は、繰り返し起こしていると、いつの間にか、
それは習慣化して、それその人の日常になってしまいます。

です、だからと言って、身体的には調和保たれていた時とは
変わりはないのです。

こうした場合、そういう方は私の催眠療法が適した方だと言ったわけです。

さて、それはなぜだと思いますか?

なぜ、そうした方は私の催眠療法が適した方だと思いますか?

少し考えてみてください・・・







まず第一に身体上は一切問題ない点あげられます。
次に、その身体で、以前は心身の調和保たれていた状態あったと言う点です。

一歩踏み込んで言うと、その心身の調和保たれていた状態と言うのは、
今は現れてはいないとはいうものの、実は潜在意識下に潜んだ状態ではあるものの、
実は存在してる状態なのです。

つまり、別にその方持ってないものを実現するような必要などないからなのです。

お分かりでしょうか?

その方もともと持っているものを実現させれば目的は叶えられるからなのです。

何であれ、持ってないものを現すことは無理とまでは言い切れないにしても、
ゼロから一歩一歩築き上げていかなくてはなりません。

です、持っているものなら、それを再び現すことは難しいわけではないのです。

今は消え去ってしまったかに映ってるだけで、実際には潜在意識下に、
心身の調和のとれた状態存在してるからなのです。

これまで何度話をしてきたか覚えてません催眠療法とは潜在意識に作用する点
他の療法と比べて著しく異なる特徴なのです。



___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ