催眠療法メルマガ第8号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

─────────────────────────────── 第8号

潜在意識を本当に書き換えるなんてことできたら、実際上、
こんな危険なことはありません。

人間は何も考えていなくても、心臓は1日24時間、1秒も休まず動いてます。
誰も心臓を動かそうと思って休みなく動かし続けて生活してる人はいません。
呼吸をしようと思って日常生活を送っている人はまずいません。
もしいるとすれば、呼吸器系のご病気の方くらいでしょう。
確かに私の叔父の一人は死の前は意識的に呼吸をしていたようです
それ以外、日常生活でそんな姿を見たことはありません。
腸にしたって、眠っている時にも働いているわけです。

こういた動作は潜在意識にしっかり刻み込まれていて、それを変えることなど、
できないものです。 もし変えることできればどれだけ危険か
お分かりの事だと思います。

催眠療法で潜在意識にアクセスはしますそれで潜在意識を書き換える
という危険なことは催眠ではできず、
行うことは、その方潜在的には持っている状態を「引き出す」ことなのです。

ですので、例えば、「以前は上手にプレゼンテーションをしっかりできていたのに、
ある時からパニックになって、プレゼンテーションでは頭真っ白になって
何も話せなくなった人」を施して、以前のように、しっかりとプレゼンテーション
できるように《元に戻す》ことは行いやすいセラピーなのです
「これまで数人の人前でさえ話したことなんてない人」を、100人の前で
できるようにするのには無理あるわけです。
前提となるのはその方人前で話すことを練習することなのです。

催眠療法で必要な物事をスキップできるわけではないのです。
本人全く持ってないものは引き出しようないからです。
催眠療法は魔法ではない、とはこういうことです。

ただ、物事は決してスキップはできません効率良く短縮することは
可能です。
ゼロから築き上げて行く必要ある場合は、この効率良く行うよう
セラピーを行うわけです。
こうしたセラピーになる場合、催眠療法ではむしろ典型的な
驚くような成果を上げることはできません。
人による個人差はこうした点から多く生じます。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/








まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ