催眠療法メルマガ第80号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第80号 2014年12月20日号

さて、前回、潜在意識下に潜んでしまって、既に消失しているように
見えるものでも、それは失われてしまってるわけではないので、
それは再び顕現化できるものだと述べました。

例えばパニック障害と呼ばれる方はもともと元来、パニック障害では
なかったものです。 うつと呼ばれる方はそもそも初めからうつだったわけでは
ないものです。

ほとんどの場合で、彼らはもともとは健全に心身は機能していたわけです。
そして外傷や内臓の何らかの疾病にはかかっていないものです。

そうした方は、たいていの場合、かつての健全な心身の反応パターンというものは
消え失せてしまったわけではなくて、潜在意識下へ潜んでしまってるだけなのです。

ですので、そうした潜在意識下の健全な心身の反応パターンを、再び顕在化させて
表出させることできるのです。

一見、そんなことできるようには思えないかもしれません
潜在意識と言うものは、ちょっとやそっとのことで忘れてしまうものではありません。

です、不調な状態長年に渡って継続しているような場合、
そうした状態もとても根深く潜在意識に刻み込まれてしまっていますので、
なかなかその状態を脱することも困難になってくるのも事実です。

何であれ、重症化してしまえば、困難になっていくのは共通してます。

また、長年多量に薬を飲み続けていると、薬によって心身の機能もやられてきますので、
生き物としての反応自体、身体しなくなっていると、なかなか元には戻れないのも
いたしかたなくなってしまいます。

私の催眠療法といえども、魔法ではないのです。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ