催眠療法メルマガ第81号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第81号 2014年12月30日号

さて、たいていの場合は、その潜在意識下に潜んでしまっている、もともとの
健全な元気な状態というものは甦らせて再び顕在化できるものです
それでは、どうやってそれは行うと思いますか?

じっくりと考えてみて下さい。

果たして、そうなってしまった原因を探っていくのでしょうか?
そうした心身の不調和な状態になってしまった原因を探り当てて、
その時の体験を再体験していくのでしょうか??

仮にそうするのだとしたら、それにはどのような意味あるというのでしょうか?

何割かの方は確かに、そうなってしまった何らかの原因と思える事柄や、
何らかのきっかけかもしれない事柄を覚えていたりするものです。

でも、何も心当たりもないと言う方も何割もいらっしゃいます。

どっちの場合も、何か原因を探り当てて行くの良いのでしょうか?

あるいは、何も心当たりのない方の場合に限って、
探り出して行くの良いのでしょうか?

あなたはどういうの良いと思いますか?

催眠には実は増幅作用あります。
催眠中に体験したことは増幅されやすいものなのです。

催眠中にもし、何か嫌な出来事とか思い出したくもない出来事を
振り返っていると、そうしたことに実は生命力を与えてしまって増幅されて
現在に表出しやすくなってしまう、というの実際のところです。

ですので、原因やきっかけをわざわざ振り返るのは得策とはいえません。

もっとも、催眠に入ってなければ、そもそもそうしたことも起きる道理はありません

そうした次第で、わざわざ嫌な場面を振り返って良いわけではないのです。

世の中には、過去のトラウマを解消すると称して、そうした類のことをしている
多いと耳にしますその施は実のところ大きな疑問なのです。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ