催眠療法メルマガ第82号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第82号 2015年1月10日号

2015年、あけましておめでとうございます。

挨拶も草々に、さっそく中身に入ります。続きです


そういう次第で、多くの場合はその心身不調和になってしまった原因とか
きっかけというものを振り返ったり、探り当てたり、ましてや蒸し返しては
かえって逆効果になりちなものです。

実際、潜在意識下にまだ潜んで残っている健全な心身の状態は、
そんなことをしない方しっかりと再浮上して蘇ってくるものなのです。

それを行うの暗示だったりするわけです実は暗示の言葉とも言えない言葉で
行う手法存在します。 これは秘伝ですので、ここで下手に文章で公開してしまうと、
弊害も生じかねませんので、私の弟子にだけ伝授しています。

弟子にご応募されたい方は以下からどうぞ。
http://www.hypnonet.info/



さて、心身の不調和だけじゃなく、例えばこれまで良好に行えていた
プレゼンテーション、何故かちゃんとできなくなった、という類の不調もあります。

この中には、そうなってしまったきっかけ何か思い当たる節のある方もおりま
一切何も思い当たる節はないという方もいます。

私の催眠療法では、そのこと自体はあまり重要ではないのです。

重要なことは、そうなる前に(本人の主張しているように)
本当にきちんとできていたかどうか、なのです。

この理由は、これまでこのメルマガを熱心に読んでくださっている方々には
十分にお分かりかとは思います

もし、考えるまでもなく分からないのでしたら、
過去のバックナンバーに遡って読み直された方よろしいかと存じます。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ