催眠療法メルマガ第83号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第83号 2015年1月20日号

そういう次第で、プレゼンテーション等以前はちゃんとできていたのに、
いつの間にかできなくなってしまった、というような、一見すると
心身の不調とは異なるように見える事柄でも、実際上は、それらと同じように
セラピーの対象になるわけなのです。 また、作用のし方も実は同様なのです。

さて、では、元来人前で話すこと苦手でそもそもこれまでプレゼンテーション
自体をしたことないような人の場合は、きちんとできるようにできるもの
なのでしょうか?

あなたはどう思いますか?
同様にできると思いますか?
同様にというのはどういう意味ですか??

それとも、これまでできたことない人なんだから、そもそもはじめから
何もやるだけ無駄なことでしょうか?

それとも??

いかでしょうか?

実のところ、この場合はそう簡単ではありません。
なぜならば、とっかかり何もないからです。

以前、きちんとできていた経験ないのですから、ご本人の望む状態
そもそもご本人の潜在意識に潜んでいないわけですから。

です、このことだけで、何もかにもあきらめてしまうのは実はまだまだ
早すぎます。
こうした場合でも、「そのもの」でなくても、それに「似たようなもの」
あれば、その、それに「似たようなもの」を潜在意識下から引っ張り上げて
持って来ることできるからです。

似たようなことなら実は、結構作用してくれるものです。

です、本当に何もない人の場合、似たようなものもない人の場合、
「同様には行きません」。

その場合、別なやり方を取るわけです、こういう場合、作用の現れ方も、
目に見えた成果というような現れ方は期待できなくなってしまうものです・・・


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ