催眠療法メルマガ第84号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第84号 2015年1月30日号

このように、心身の不調和であれ、何かの調子を崩した時のように、
もともと何ともなかったものであれば、基本的には同様の手法で元の状態に
(私の催眠療法では)戻すことできるものなのです。

表面上の現象等々は大きく違っていたとしても、それは決して本質的な問題では
ないのです。
もっとも、身体の物理的な条件以前の健全な時と異なってしまっている場合
この限りではありません

また、表面上の現象似たように見える場合でも、たとえば、もともとは
プレゼンテーションをしっかりと上手くできていた人の場合と、
これまで一度も人前で話したこともないような人の場合とでは、
根本的なところで、異なってくるわけです。

さあ、後者の場合、どうすれば良いでしょう?
得てしてこういう方の場合、催眠療法に非現実的な期待をかけて、
なんでも一瞬で希望叶うと夢見ている方の割合高いものです。
です催眠療法は魔法ではありません。

それまでのその方今の人生で身に着けてきたことは活かすことはできます
誰だって経験してきたことをスキップばかりして避けてきた人
そのスキップしてきたことをスキップしたまま次の段階に引き上げることは
決してできないものです。

いいでしょうか。
以前はきちんとプレゼンテーション出来ていた人というのは、たとえ今、
できなくなっていても、できるようになった過程を踏んでいる人です。
こう言う人を元に戻すのにまた再度この過程を経る必要はありません。

です、これまで一度も人前で話したことない人、そういう場面を
避けてきた人何の練習もしないで話せるようにはならないのです
必要な過程は踏む必要あるのです。

ここ決定的に大きく異なる点です。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ