催眠療法メルマガ第86号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第86号 2015年2月20日号


よく電車に乗るとパニック発作に襲われるようになって、電車などの乗り物には
乗れなくなってしまった、というような人にはパニック障害とかいう病名を
つけられてしまうようです。

こういう人でも電車に限らず、乗り物は飛行機でもバスでも、自動車でも、
どれもダメになってしまった、という人から、
電車だけ、それもラッシュ時の満員電車に関してだけ発作が起きてダメだけど、
すいているときや、電車以外の飛行機とか、バスや車は大丈夫、という人まで、
様々な人がいます。

これらのほとんどの方はもともとは、そうした乗り物にも普通に乗っていたという
方がほとんどです。
これらの人に対して行う催眠療法も基本的には同一の手法になるわけです。

細かく見れば微妙にそれぞれ状況は異なるわけですが、枠組みとしては、
これらどの場合でも、もともと何ともなかったことが、ある時を境に、
心身の反応パターンが変わったというだけですから、まだまだ、その
健全だったころの心身の反応パターンは潜在意識下に健在で、再び甦らせて
顕在化させることができるわけですから。

ここまでは復習ですけど、ではちょっと問題を出しますので、少し考えてみて
下さい。

雷が恐いというクライアントさんがいたとします。
その方は、雷が鳴った時でも、他の人と同じように、びっくりしないで
普通にしていたい、と訴えてきたとします。

さて、こうした場合、どういうセラピーになるでしょうか?

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ