催眠療法メルマガ第87号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第87号 2015年2月28日号

雷が恐いという人、言うまでもありませんが、セラピーのしようはあります。
でももちろん、以前に雷が何ともなかった時期がある方の場合と、そうした時期は
なかったという方の場合では施術のし方と申しますか、やりやすさは随分と
異なってきますが。

言うまでありませんが、以前に何ともない時期があった方の場合ですと、
その状態を引っ張って持ってきて再現させる手法になるわけです。

では、そうした雷に対して何ともなかった時期など全くなかったような人の場合、
どう施術していけば良いのでしょうか?

これは良い問題ですので、頭を使ってじっくりと考えてみておいてください。

はたして、何もやりようがないのか、それともやりようはあるのか?

セッションに先立って、どういう情報を聞きだしておけばセッションに有効に
用いることができるのか? それとも、そうした情報は意味がないのか?

実は、セッションに先立って、訊いておく内容はありますし、それなくしては、
催眠療法を行うことはできません。セッションに先立って、あーですか? こーですか?
と、様々なことをいろんな角度から質問するのは実のところ、それから得られた情報を
もとに、セッションに役立てるためなのです。

さあ、どういった事でセラピーが可能なのか、そしてそのやり方を行うために、
どういったことを聞き出しておけば良いのか、どういったことを聞き出しておく
必要があるのか、次回まで、じっくりと考えておいてください。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ