催眠療法メルマガ第89号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第89号 2015年3月20日号

さて、以前に、人前でこれまで一度も喋ったことがない人が人前で緊張しないで
話せるようになるためには、その状態を(過去から)持ってくるものがないので、
ゼロから築き上げていく必要があると言いました。

誰でも踏まなければならないステップをスキップするわけにはいかないんだ、
ゼロからひとつづつ、練習を積んで行かなければならないので、
それをしやすくするという位置づけのセラピーになるため、催眠療法本来の、
ジャンプして到達する結果は出せないので、一歩一歩進むしかない、という
話をしたかと思います。

それでは、雷に対してこれまで一度も何ともなかったことがない人の場合も
少しづつ耐性を作っていく、というセラピーが必要になるものでしょうか?

いえ、そもそも、誰だってそんな訓練をして雷の耐性を作って来たわけではないので
必ずしもそんな必要がないのは想像できると思います。

では、どうするか?

ここまで整理しましたので、もう考えやすくなってると思います。
いまここで聞いてるのは、具体的に何をどうやってどうなったらこうやってああする、
といったようなセラピーでの実際の手順の事を聞いてるのではありませんよ。
もっと概念的に、どういう内容を行え得るのか、ということを聞いてるのですよ。
って言ってる事、わかりますか??

どうも、こうした一方通行のメルマガだと読者全体の反応が掴めないので、
私の言ってる事をしっかり捉えてくれているのか、頓珍漢な受け取り方をして、
自分勝手な思い込みで自身の間違った概念を固執しているのか、反応がわかりませんので、
いくら一歩一歩ゆっくりと多角的に話をしても、難しい面がありますね。
話についてきてない読者にちょっと難しい話をするわけにも行きませんので。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ