催眠療法メルマガ第9号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

─────────────────────────────── 第9号

催眠療法は、潜在意識とかかわって、潜在意識から、良い状態を
引き出してくる療法だと前回言いました。

ここで大きく二つの疑問生じたかもしれませんね。

一つは、自分はそもそも良い状態などもう消えうせているので、
引き出してきようないのではないか? ということと、
もう一つは、意識だけ取り戻せても気分だけじゃ
気休めでしかないのではないのか? ということです。

まず、後者から言いましょう。
これは決して気分の問題ではありません。
気休めを行うわけでは決してありません。

外科手ではありませんので、施の前後であなたの身体に
何か変化起きてるわけではありません。

実際、良い状態と今の状態とで身体に違いは必要ないのは
分りますね?

身体はもちろん、何も変わりません。
変わるのは状態なのですから。

こう言うと、ダイエットは無理なのか、と思われるかもしれません
別に身体を削り取って体重を落とすわけではありませんので、
その場で身体変わってるわけではありません。

状態変わってる、というのは、例えばダイエットの場合、
食べる時の状態変わってる、ということです。

プレゼンテーションの場合なら、人前に出てる時の状態、
話してる時の状態変わってる、ということです。

決して、身体変わるわけではありませんし、気分だけ
変わるわけでもありません。

心身の《状態》健全な状態に変わってるのです。

これを行うのが催眠療法なのです。

で、一つ目の話です、これは次回に。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/







まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ