催眠療法メルマガ第90号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第90号 2015年3月30日号

さて、考えて見ましたか?

何も持ってくるものがないので、ゼロから一歩一歩積み上げていくセラピーを
せざるを得ないのか、それとも、まだまだ催眠療法本来のジャンプが可能な
セラピーができるのか。

どっちだと思いますか?

もういいかげん答えを待ちかねてるかたもおられるでしょうから言いますが、
ちゃんと考えてないと、答えだけ聞いても身には全くなってないので注意してください。

答えは、まだ、前者です。

では、何を持ってくるのか、という話になるわけですが、それは何でしょう?
という問いが次の問いになります。

もう一度聞きます。 雷が何ともなかったことはないので、その状態を
甦らせることはできないわけですが、では、(その代わりに)何を持ってきうるのでしょうか?

これをじっくり考えておいてください。 よろしいでしょうか?

逆の意味で言いますが、決して雷が鳴ってるところでなんともないですよー、なんていう、
暗示を与えて、その場面を想像してもらう、ということをするわけではない、ということです。

いえ、そういう暗示を与えることが悪いと言ってるわけではありませんが
そもそも雷が恐い人なのですから、そういう暗示はあまり作用しやすい暗示ではないのです。

お分かりでしょうか? 頭はちゃんとまわってますか?

さて、もう一度聞きます。 何を持って来得るでしょうか?

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ