催眠療法メルマガ第92号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第92号 2015年4月20日号

さて、前号で候補として挙げた20個の中から持って来得るものはあるでしょうか?
雷が恐いと訴える人のための催眠療法のセラピーに。

まあ、一言で言って、雷を持ってくるわけに行かないので、雷の代わりに
持ってこれるものはありますか? という話なのですが、話にはついてきて
いますでしょうか?

何? 持ってくるって、何のこと言ってるのか意味分からないですか?

催眠中に持ってくるものですよ。 現実に物理的に持ってくるわけではありません。
催眠中に題材として持ってくるもの、事象、情景等々です。

さて、何を持って来ましょうか?

それは言うまでもありませんが、その方(クライアントさん)ご本人が恐れている
雷に似ているものでなければならないのです。
その方が雷の音を怖がっている場合と、ピカッと光る光を怖がっている場合とでは、
通常は異なってくるわけです。

ですが、アイスクリームを食べているような場面との接点は通常はないものです。
また、静かな音楽との接点も通常はないものです。

太鼓とか、大音量のロックなんかは割と雷と共通点は多いかもしれません。音の場合。
光の場合は役に立たないでしょうが。

仮に雷の音が恐い人だったとして、太鼓を持ってくるのが良さそうには一応は見えます。
ただ、もちろん、その方が太鼓の音に何の恐怖心も持ってないことが前提となります
大音量のロックを持ってこようと思った場合も、そうした曲に抵抗がないことが前提となります。

ですので、もしかしたら、お母さんに怒鳴られた場面を持ってくることが最善のケースに
なる場合だってあり得るわけです。 それは人によって異なるのです。

意味はお分かりでしょうか?・・・?

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ